水素水には副作用があるのか?

水素の力が注目をされ、水素水のほかにも水素を含んでいる商品は沢山発売されています。それだけ水素は身体に良いものなのですが、「副作用はないのだろうか?」という不安も出てきます。

もし副作用があるようなら、水素水を飲むことも考えなくてはいけませんし、摂取する量も調節する必要もありますね。


副作用について

水素水に副作用があるのかないのか、どちらなのかと聞かれれば、答えは「ない」です。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、水素は厚生労働省で食品添加物として認められているのです。

つまり水素というのは、国が安全なものと認めているものなのです。もともと水素は逃げやすい性質があり、たくさん摂ったとしても呼気として吐き出してしまうからです。

副作用の心配はありませんので、安心してください。


たくさん飲んだ場合はどうなるのか?

どうなるの?

水は1日1.5リットルから2リットル飲むと良いと言いますが、美容や健康のために、できるだけたくさん飲みたいと思う人もいます。普通の水であれば飲みすぎたところでお腹がパンパンになったり、トイレに行く回数が増える程度でしょうが、水素水の場合はどうなのでしょうか?

答えは簡単です。水素水の場合も普通の水と同じで、たくさん飲んだからといって身体に悪影響を与えるということはありません。ただ極端に水分を摂り過ぎるとお腹を壊してしまうことがあるのでご注意を。

水素は悪玉活性酸素にのみ反応をして、害のない水に変換をして身体の外に排出をしてくれます。定期的に水素を取り入れることで、身体の中に溜まってしまった悪玉活性酸素を除去していくのですが、取り入れても悪玉活性酸素に反応をしないという場合もあります。

そのような場合も、身体に蓄積されることなく外に出ていきます。ついつい「飲んでも外に出なかった分は身体の中に蓄積されていくのではないか?」と思ってしまいますが、水素に限ってそのようなことはありません。


副作用がないといっても適量が望ましい

水素水を飲んでも副作用もなく、たくさん取り入れたとしても身体に蓄積されることはないということが分かりましたが、だからといって限度なく飲むというのはよくありません。何事も「適量」が望ましいです。

水素水を飲むことで副作用ではありませんが、逆に「好転反応」が出てくる人はいます。この好転反応は、水素水だけではなく漢方や健康食品、カイロプラクティックなどでも現れることがあります。

今までにない異変を感じると、「これは副作用ではないのか?」と思うでしょうが、好転反応というのは毒素が体から出ている証拠なのです。<参考:これは副作用なの??好転反応とは?>

そもそも水素水はお薬ではないので、副作用はありません。一過性のものになりますので、数日もすれば好転反応も収まります。特に好転反応はもともと体の調子が悪いところに現れます。

例えば、毒素が溜まって肌荒れが酷かった人の場合、水素水を飲むことで肌荒れが酷くなることがあります。でもこれは好転反応の1つですので、不安に感じることはないのです。

もちろん余りにも酷いようであれば、病院に行く必要がありますが、しっかりと飲み続けることで良い結果を得ることができますよ。


効果と副作用を知る

お腹が緩くなるのは副作用ではないの?

お腹が緩くなるのは副作用ではないの?